虫歯にならないために気を付けていること

PR|江坂で実績の審美歯科

私は生まれて今年で25年になりますが今まで一度も虫歯になったことがありません。

学生時代の歯科検診などではいつもお褒めの言葉を頂いていました。

両親が2人とも虫歯が多かったため、私が虫歯にならないようにと幼い頃には夜寝る前に丁寧に歯磨きをしてくれた記憶があります。

そのおかげで自然と歯磨きをするという習慣が身に付いたように思います。

私が心がけていることは1日3回の食後にしっかり歯を磨くということです。

特に夜寝る前にはどんなに眠くても歯のためにと思って歯を磨くようにしています。

すごく基本的なことのように感じるかも知れませんが大変重要なことだと考えています。

私は歯磨き粉を使ってブラッシングする以外にもリステリンでうがいをしたり、歯間ブラシを活用するようにしています。

また接客業をしておりますので、職場にもトラベル用の歯ブラシセットを置いており、昼食後には必ず歯を磨くことで口臭の予防にも気を使っています。

出先などでどうしても歯磨きができない場合はポケットタイプのリステリンなどを持ち運んで食後にうがいをしたり、ガムを噛むようにしています。

以上のことに気を使っていてもやはり歯には汚れが付いてくるものだと思っています。

そこで私は半年に一度ほどのペースで歯科を受診し、歯のクリーニングを行ってもらうようにしています。

自分自身で磨いているつもりでも意外と磨けていなかったりすることもあるため、歯科医の方から診察後には「ここに少し汚れが付いていたので、気を付けて下さいね」といったことや歯ブラシの当て方やブラッシングの方法などのアドバイスも頂くようにしています。

そうすることで今後の歯磨きで意識して取り組むことができます。

学生時代の保健の授業で年齢を重ねても多くの歯が残っているほど健康で長生きできるといった内容のことを教わったと記憶しています。

これからの人生を健康に過ごすためにもしっかりと歯磨きを続けていって、虫歯にならずに健康な口内環境を維持していきたいです。

PR|クレジットカードの即日発行じゃけん|童話|貯蓄|サプリメント|お小遣いNET|健康マニアによる無病ライフ|GetMoney|お家の見直ししま専科|家計見直しクラブ|初値予想|工務店向け集客ノウハウ|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|住宅リフォーム総合情報|内職 アルバイト|