月別: 9月 2017

治療後の撮影に力を入れる歯医者

虫歯ではないのですが歯根部分が溶ける(なくなっていく)という状態になったことがありました。どこの歯医者にいっても抜くしかないと言われました。沢山調べて初めて行った歯医者さん。ここでもやはり抜くしかないと言われ治療が始まりました。一度では終わらないとのことでとりあえずその日の治療は修了。かと思いきや私の口を開けさせたまま写真を何十枚と撮るのです。治療の腕前を残したいのか…この先生は現像した写真をどうするのだろう、コレクションにでもするのだろうか…、(奥歯を半分にして半分を抜くという治療でした)歯肉も見えている状態です。現像された写真を眺めている姿を想像するととても気持ち悪くなりました。綿で出てくる血を必死にとめていました。口を開け続けている私のあごの痛みなど全く気にかけてくれることもなく。麻酔があまり効かず痛いのですけど、と伝えたところ半分とは言え歯を抜いているからね。と一言。そんなこと言われなくてもわかっています!どうしても痛かったらこれを飲んでとバファリンを渡されました。あり得ない歯医者だとおもいました。次の予約は入れましたがもちろん行かず、すっぽかしました。同僚からとても腕と評判の良い歯医者さんを紹介されそちらで無事に治療ができ、歯も抜かずにすみました。どこの歯医者にいっても抜くしかないと言われていたのにそこの歯医者さんでは大丈夫でした。これまで10件以上は歯医者さんを見てきましたがきちんとした歯医者さんは数少ないんだろうなと実感した出来事でした。

歯に詰め物をしていたが急に取れてしまった

歯に詰め物をしていました。虫歯治療を終えて詰め物をする話はよくあります。虫歯の治療は実家の方で行っていたのですが、ここ数年虫歯にもならず、普通に生活をしていました。仕事場は実家から離れており、仕事場の近所にアパートを借りて生活をしています。2年前、仕事中に急に歯に違和感を感じました。奥歯の方で穴があいていました。急に虫歯ができたのかと思ったのですが、痛みはなく、水を含むとキンとした痛みが広がりました。多分詰め物が取れたのだろうと思いました。実家の辺りには歯医者は少なく、選ぶ余裕がなかったのですが、土地勘もなく、歯医者も沢山ある中で選ぶというのは贅沢な悩みでした。少しでも痛くないところ、雰囲気がいいところ、家から近いところで選ぶことにしました。ちょうど医師の知り合いがいたので、評判の歯医者さんを教えていただき、そこで治療を受けることになりました。医師によると、そこの受付の女の子を笑顔にすることができないとのことでした。実際に行ってみるとニコリともしません。顔立ちはいいのですが、とにかく愛嬌がないのです。治療自体は評判通りに、機器自体もいいものを使っており、痛みもそんなになかったのです。ただ、受付の女の子はニコリともしません。これは笑わせるために挑戦のしがいがあるなと思いました。その一方で、せっかくの評判の歯医者さんなのに少しもったいない気持ちにもなりました。