歯医者

高校生の時にできた虫歯の治療

高校2年生の時に右奥歯に虫歯ができました。それまで虫歯ができにくいほうだったので油断していたのでしょう、夜中に甘いものを食べてそのまま歯も磨かずに寝たりしていたのです。

そうしたらある日、右奥歯に黒いものが…。最初は見えないふりをしていたのですが、しだいに食事の時に痛むようになってきました。堅いお菓子や肉などを食べた時に激痛が走ります。それでも歯医者に行く決心はつかず、そのままの状態でいました。

やがて受験シーズンを迎え、大学受験や家族のトラブルなどでストレスが重なると、虫歯は面白いほど急激に悪化していきました。しまいには歯が欠けるところまでいってしまったのです。

そこまできてようやく歯医者に行く決心がつき、治療を受けることになりました。「神経が死んでいる」と言われたので逆に安心していたのですが、治療を受けていると突然の激痛が。なにかと思ったら「やっぱり神経が少しだけ生きていたので抜きました」と言う。そういうことは治療の前に言ってほしいし、麻酔もちゃんと効かせてほしいものです。この体験がトラウマとなり、それ以来、その歯医者を見る目は不信の目に変わりました。

もうあの体験を繰り返すのは嫌だという心境から、今では歯磨きもしっかりして、虫歯の兆候が出ようものならすぐに歯医者に行くようにしています。

象牙質までけずられた?私の歯のクリーニング体験!

昔から歯が少し黄ばんでいたのがコンプレックスだった私は、婚活を機に歯を白くすべく歯科医に相談してみました。

真っ白になるには差し替えたり染めたりということが必要とのこと。
歯科クリニックに行けばそんなに手間はかからないだろうと思ってい私は、料金の高さに驚き意気消沈しました。

しかしコーヒーや紅茶の色素も沈着しやすい体質だと聞いて少しはましになるだろうと考え歯のクリーニングを行うことにしました。

クリーニングは助手の方が行うようで、最初のうちは気持ちよく受けていたのですが、上の前歯に何か頑固な汚れがあるようで苦戦していました。
それでも諦めず、その前歯の部分を念入りにやられていて、最後にとれないですね…。といいつつ終了。

医師に確認してもらいましたが、なんとその部分だけ歯の内側の組織が見えていて黄色く見えるのだそうです。

けっこう長い間シュワシュワ削られていたように思いますが、大丈夫だったのか?私の歯は…。
それ以来そのクリニックの門を二度とくぐることはありませんでした。

先日初めての歯ぐきトラブルを経験

今まで虫歯はできても歯ぐきのトラブルは経験したことがなく、自分の歯ぐきは強いんだと過信していました。しかしある日、食べ物を左側で噛んでいた時に違和感を感じました。食事のとき、食べ物を噛む度に歯茎がぶよぶよしてぐらつく感触がしたのです。鏡で患部を見ながら指で患部付近の歯を触ってみると、歯と歯ぐきが柔らかく押された方向に動きました。

 

すぐ歯医者に行けば良かったのですが、数日そのまま放置していたところ今度は夜に患部の内側の歯ぐきから少量の出血が始まりました。指で押すと更に出るので出なくなるまで何度も押して血を出し切りました。次の日には出血した部分の歯茎に少し穴が開いていて、白い液体が出るようになりました。

 

かなり不安を感じたので、すぐ大阪で評判の高い歯医者に予約をとり受診しました。患部のレントゲンを撮ってもらい詳細を確認してもらったところ、歯ぐきの根管に膿が溜まっていることが判明しました。その日から何回か通院し、歯茎の根管治療を無事終えました。かなり焦りましたが、きちんと処置してもらったおかげで今はトラブルなく快適です。

奥歯の治療にハイブリットセラミック

小さな頃から虫歯が多く口の中が金属だらけの私ですが、近年は再治療が必要になったときには金属をハイブリットセラミックに変えています。
ハイブリッドセラミックとは、プラスチック様の素材であるレジンとセラミックを混ぜ合わせた素材です。レジンは保険適用の素材でありとセラミックは保険適用外になるのでその中間の材料とも言えます。メリットはレジンよりも変色しにくく自然な仕上がりで、セラミックよりも安価であるということで、デメリットはセラミックよりは透明感に欠けるということにあります。
そのため奥歯の詰め物で金属は嫌だという場合によく使われるようです。
私の通っている歯科ではハイブリッドセラミックの詰め物は2~3万円です。オールセラミックは少なくもとその倍以上はかかるため、自費でも費用はかなり抑えられます。
審美歯科に属するものではありますが、特に審美歯科をかかげていない普通の歯科でも取り扱っていることが多くなっています。
やはり笑った時に目立つ金属は気になるので、これから徐々にですが金属フリーな口の中を目指していきたいと思っています。

完治したはずの虫歯に再び苦しめられました

右下の奥歯が10年程までに虫歯になり、歯の上部を削り、銀歯で覆う治療をしました。
その虫歯治療は問題なく完治し、安心したため歯医者さんへの定期検診を怠って生活していました。きっと、それが悪かったのだと思います。治療から8年ほどが経過した時に、虫歯が再発したのです。

 

最初は、虫歯となった奥歯の隣にある親知らずの調子が悪く、痛み出したのだと思いました。でも、次第に痛みが激しくなり、頬もひどく腫れたので、以前治療した大阪で評判の歯医者さんを再び訪れることになりました。

 

口腔内が歯垢で汚れていたのでその日に治療は再開できず、クリーニングだけしてもらい、翌日から治療をしてもらうことになりました。
レントゲンを撮影すると、歯の根の部分に影があり、根が折れているかもしれないとのことでした。

 

根が折れていると、奥歯の2本の根のうち1本を取り除き、残った根と隣の歯を利用して被せものを作る処置をする必要があると言われ、大変な事になったと落ち込みました。
銀歯と詰め物を取り除き、根の状態を確認してみると、幸いにも根は折れていないとのことでした。根の周辺が汚れて雑菌が歯茎に入ったことで歯茎が腫れたとのことで、根の部分を除菌することで治療してもらいました。

 

定期的に歯医者に通っていれば防げた可能性が高い、虫歯の再発でした。
かなり痛い思いをしたので、それ以降、歯医者さんへの定期検診は欠かさないようにしています。

前歯のブリッジを思いきってセラミックに

中学生の時に前歯が1本折れてしまい、抜くことになりました。
抜いた歯の両隣の歯を削り、それを土台にして3本の歯のブリッジを保険治療のプラスチックで入れていました。
保険がきくので安くできますが、治療したてでも明らかにプラスチックとわかり、どれだけきちんとブラッシングしていても数年で黄色く変色します。

 

また歯医者によっては、仕上がりの形がおかしかったり、歯の大きさを揃えるために歯と歯の間に謎の4本目の細い歯が入ったブリッジだったり、両隣の歯は削ったとは言え土台があるのでそこに被せるようにブリッジを作るために前に少し盛り上がっていたりと納得のいくきれいな歯が仕上がる事はほとんどありませんでした。

 

どこの歯科医に相談しても「保険の限界です。きれいにしたいなら自費になります。」と言われ、ずっと気になっていた三国で話題の審美歯科で自費のセラミックを入れることにしました。
大人になってからも自費治療をためらっていたのは、高額の治療費を払っても折れる、欠ける、削れる事があると聞いていたからでしたが、思いきってセラミックに変えてとてもよかったです。

 

数年経ってもあまり変色せず、もちろん保険の歯よりも頑丈です。
何よりも自然で他の自分の歯と見た目も変わりありません。
自費治療のため歯医者によって値段もバラバラですが、口コミやホームページなどをしっかり確認してきちんと相談できる所を選びました。

 

3本で35万ほどかかりましたがそれ以上の価値があり、もっと早く決断しておけばよかったと思いました。

歯は一生の友達です。大切にしましょう。

普段めったに痛みを感じない私は、ある日突然友人の家に遊びに行っているとき、急に歯が痛みだしてそうこうしているうちに、腫れてしまいました。
その日は、土曜日だったので、日曜日にやっている駅前の審美歯科に行きました

 

とりあえず、治療してもらって、この際なので、今まで放置状態だった悪いところを全部一気に治療することにしました。まず、レントゲンや状態を調査してもらい、カウンセリングをしてもらい、予算や自分の希望を考量してもらいながら、気長に無理なく治療してもらうことにしました。

 

大変だったことは、特になく、痛みも治療の期間も金額も無理ぜず治療してもらいました。
一つ心残りなのは、右下に隠れている歯の治療を通っていた歯医者では無理なので先生が紹介状を書いてくれたのに行かないで放置してしまったことです。

 

その後、何も変化がないので、今でも放置状態です・・・・歯は、できれば自分の歯で長く付き合いたいものです。普段からのケアをしっかりして、私のように痛くなってから行くのではないようにしてあげてください。

永久歯に生え変わったと思ったら大変なことに

小学校に入学したばかりの子どもの歯並びがだんだん怪しくなってきたため、友達の紹介で吹田の小児歯医者へ診察に行くことにしました。歯が抜けて生え変わっていた途中なのですが、スペースが足りないようで歯がまっすぐに生えてこなかったのです。このままでは歯並びがガタガタになるのではと不安になり、診察を受けて矯正器具をつけることにしました。

 

矯正といっても付けっぱなしの装置ではなくて、付けはずしのできる器具です。そのため子どもの負担も少なくて済みます。歯が生えるスペースを作るためにはしっかり噛むということも大切だと教えてもらいました。歯医者で販売している硬めのガムも一緒に購入して、装置を洗浄している時間に噛むようにしました。

 

毎朝晩、洗浄をする手間はありますが、普段の歯磨きの時もあまり負担はありません。最初は本当に治るのか不安でしたが、根気良く半年ほど付けた頃、斜めに生えていた歯がまっすぐに戻ってきました。

 

大きな出費ではありましたが、早い段階で通うことで少ない費用で済みましたし、早いうちに歯並びが解決したのでほっとしました。

親知らずが神経にさわりそうなところに

数年前から親知らずが生えているのはレントゲンで分かっていたものの、特に痛くもなかったですし、江坂にあるかかりつけの歯医者も何も言われませんでしたので抜くことは考えていませんでした。
しかし、その親知らずが虫歯になってしまい、これならいっそ抜いてしまったほうがいいといわれ再度レントゲンを撮ったのですが、どうやら私の親知らずは若干斜めに生えていてしかも根っこが神経に触りそうだとのことでした。
万が一のことを考え、口腔外科を紹介してもらい、そちらで全身麻酔で手術をすることになったのですが、不安ですから色々ネットで調べると、神経が傷ついてしまい顔の筋肉がおかしくなり笑うと引きつるようになるなどネガティブなことばかり調べてしまうようになりました。
怖くて何度も手術やめようかなと思ったのですが皆やってきている道です。全身麻酔をされ、手術は多分寝ている間にあっさりと終わりました。
顔は腫れるし数日間食べ物や飲み物などきつかったのですが、治ってみると綺麗に治り、自分の歯に抱える不安が減ったので抜いてよかったなぁと今では思います。

治療後の撮影に力を入れる歯医者

虫歯ではないのですが歯根部分が溶ける(なくなっていく)という状態になったことがありました。どこの歯医者にいっても抜くしかないと言われました。沢山調べて初めて行った歯医者さん。ここでもやはり抜くしかないと言われ治療が始まりました。一度では終わらないとのことでとりあえずその日の治療は修了。かと思いきや私の口を開けさせたまま写真を何十枚と撮るのです。治療の腕前を残したいのか…この先生は現像した写真をどうするのだろう、コレクションにでもするのだろうか…、(奥歯を半分にして半分を抜くという治療でした)歯肉も見えている状態です。現像された写真を眺めている姿を想像するととても気持ち悪くなりました。綿で出てくる血を必死にとめていました。口を開け続けている私のあごの痛みなど全く気にかけてくれることもなく。麻酔があまり効かず痛いのですけど、と伝えたところ半分とは言え歯を抜いているからね。と一言。そんなこと言われなくてもわかっています!どうしても痛かったらこれを飲んでとバファリンを渡されました。あり得ない歯医者だとおもいました。次の予約は入れましたがもちろん行かず、すっぽかしました。同僚からとても腕と評判の良い歯医者さんを紹介されそちらで無事に治療ができ、歯も抜かずにすみました。どこの歯医者にいっても抜くしかないと言われていたのにそこの歯医者さんでは大丈夫でした。これまで10件以上は歯医者さんを見てきましたがきちんとした歯医者さんは数少ないんだろうなと実感した出来事でした。