小さな頃から大阪で歯周病治療を受けるなら治療の選択肢が多く口の中が金属だらけの私ですが、近年は再治療が必要になったときには金属をハイブリットセラミックに変えています。
ハイブリッドセラミックとは、プラスチック様の素材であるレジンとセラミックを混ぜ合わせた素材です。レジンは保険適用の素材でありとセラミックは保険適用外になるのでその中間の材料とも言えます。メリットはレジンよりも変色しにくく自然な仕上がりで、セラミックよりも安価であるということで、デメリットはセラミックよりは透明感に欠けるということにあります。
そのため奥歯の詰め物で金属は嫌だという場合によく使われるようです。
私の通っている歯科ではハイブリッドセラミックの詰め物は2~3万円です。オールセラミックは少なくもとその倍以上はかかるため、自費でも費用はかなり抑えられます。
審美歯科に属するものではありますが、特に審美歯科をかかげていない普通の歯科でも取り扱っていることが多くなっています。
やはり笑った時に目立つ金属は気になるので、これから徐々にですが金属フリーな口の中を目指していきたいと思っています。